原水禁大会パンフ
2002年大会パンフ

■8月2日、5日、8日 原水禁国際会議のご案内

 今年の原水禁国際会議は下記のような予定で横浜、広島、長崎と三カ所となります。
それぞれテーマ別に、アメリカの核戦略や印・パの緊張などの核兵器情況、隠されてきたフランスの核実験被害者の問題、再生可能エネルギーによる脱原子力政策、とそれぞれの議題に集中、会場は分散しての開催です。是非お誘い合わせの上ご参加くださるようお願いします。
原水禁世界大会の4日から9日まで開かれる広島、長崎での様々な催しもあわせてよろしく。(スケジュール )

■申込み・お問い合わせ:原水爆禁止日本国民会議
TEL:03-5289-8224 FAX:03-5289-8223  gensuikin@jca.apc.org
○同時通訳用レシーバーの数が限られておりますので、できるだけ予約をお願いします。

原水禁世界大会 国際会議について

●プログラム

8月2日の国際会議案(横浜)

□日 時 : 8月2日   参加費1000円(日・英同時通訳付き)
8月2日 10:00〜17:00 (18:00から、歓迎レセプション)
□会 場 : 横浜シンポジア(山下公園、県民ホールそば)
   〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル9階
   045-671-7151 FAX:045-671-7187  地図

タイトル未定

10:00 
挨拶、議長(小笠原公子、市川定夫)
基調−

10:40-11:10 ケビン・マーチン ブッシュ政権の核戦略−−9/11後の米国の運動状況

11:10-11:40  ヨーロッパから見たブッシュ戦略−−運動の反応

11:40-12:10 黒澤満 多国間交渉の状況−日本政府の対応
12:10-13:00 質疑・討議

13:00-13:45 昼食
13:45-14:20 印・パビデオ上映

14:20-14:50 アチン・バナイク  印パの核状況
14:50-15:20 質疑応答
15:20-15:35 コーヒーブレーク
15:35-16:05 石坂浩一 東アジアの状況
16:05-17:00 討論

ヒロシマ国際会議案

 世界のヒバクシャとの連帯のために―フランスの核実験被害者会議

日 時 :8月5日(月)10:00〜17:00   (日仏同時通訳付き)
会 場 : ワークピア広島4F  広島市南区金屋町1-17     (082-261-8131)

8月5日 10:00−17:00
司会・コーディネイト 真下俊樹、ブリュノ・バリオ

10:00- 開会
-10:20  趣旨説明他

10:20-10:30 長崎 奥村英二 タヒチ集会参加についてのお礼
10:30-10:50 広島被爆者 歓迎・連帯挨拶 + 自身の経験

10:50-11:20 ブリュノ・バリオ フランス核実験の残したもの−−概観
11:20-11:35 質疑
11:35-12:05 ジャン・ルイ・バラックス フランス兵士の経験
12:05-12:20 質疑

12:20-13:10 昼食
13:10-13:40 モハメッド・ベンジェッバール アルジェリア人の経験
13:40-13:55 質疑
13:55-14:15 ロラン・オルダム タヒチの経験概観
14:15-14:25 質疑
14:25-14:45 レイモン・タハ 実験場労働者の経験
14:45-14:55 質疑
14:55-15:15 エチエンヌ・テフム  ツレイア島住民の経験
15:15-15:25 質疑
15:25-15:40 休憩
15:40-16:00 宮崎安男 被爆者の闘いと勝ち得たもの−−連帯
16:00-16:10 質疑
16:00-16:15 米国補償法概観 ボブ・アルバレスが用意しているものの要約
16:15-    フランス政府に対する要求声明採択。

ナガサキ国際会議概要

 原子力政策の転換へ向けて―ヨーロッパから学ぶ脱原発社会への道すじ
日 時 :8月8日(木)10:00〜15:00 (日英同時通訳付き)
会 場 :長崎県町村会館6F  長崎市栄町4-9 (095-827-5511)

藤井石根(司会)、都筑健、大林ミカ、エド・スメロフ、ステファン・ネフ

国際会議 海外ゲストのプロフィール