原水禁大会
2008.5

核も戦争もない平和な21世紀をつくろう!

被爆63周年原水禁世界大会
デザイン: U.G.サトーさん

被爆63周年原水禁世界大会

大会スローガン

核も戦争もない平和な21世紀に!

サブスローガン

  1. 子どもたちに核のない未来を!
  2. 武力で平和はつくれない! 生かせ!憲法9条
  3. 非核三原則の法制化を! 東北アジアに平和と非核地帯を!
  4. ストップ!米軍再編! 原子力空母母港化反対!
  5. ミサイル防衛(MD)導入反対! 
  6. 米印原子力協力に反対!NPT体制の強化を!
  7. 全てのヒバクシャの権利拡大! 被爆者に国家補償を!
  8. ストップ!再処理・もんじゅ・プルサーマル! 核廃棄物の地層処分反対!
  9. 柏崎刈羽原発を廃炉へ! 原子力政策の根本的転換を!

 主な日程は次の通りです。更新された情報は上記広島大会日程表(pdf)長崎大会日程表(pdf)などをご覧下さい。

◎国際会議

8月2日(土)10:00〜17:00
神奈川県横須賀市「ヴェルクよこすか」6階会議室
(京浜急行線「横須賀中央駅」下車)
「東アジアの平和と米軍再編成、原子力空母の母港化」をテーマに、パネルディスカッション形式で開催します。(国際会議の焦点参照)

分科会での討論(07年8月・広島)

【広島大会】

8月4日(月)
● 折鶴平和行進 16:00平和公園集合 平和公園から県立体育館まで
● 開会総会 17:30〜19:00「核兵器廃絶2008平和ヒロシマ大会」グリーンアリーナ(連合・核禁会議との共催)

8月5日(火)
● 分科会 9:30〜12:30
★ 平和と核軍縮1─アメリカの核戦略と東北アジアの非核化(学習中心)
海外ゲスト─ジョージ・マーティン(米・ピースアクション)
核大国の核状況の検証と朝鮮半島の核問題の平和的解決に何が必要なのかを考えます。

★ 平和と核軍縮2─米軍再編成と横須賀原子力空母の母港化(交流・討論)
海外ゲスト─ソウ・ボヒョク(韓国・参与連帯)
各地で進められる米軍再編成。日米の軍事一体化の現状報告と、原子力空母の横須賀母港化の問題点。

★ ヒバクシャを生まない世界に1─世界のヒバクシャの現状と連帯のために(学習中心)
海外ゲスト─チェルノブイリ被曝関係者
あらゆる核開発過程で生み出される核被害者の現状を知り、世界のヒバクシャとの連帯を考えます。

★ ヒバクシャを生まない世界に2─原爆訴訟・在外被爆者と被爆者援護法(交流・討論)
海外ゲスト─韓国・在外被爆者
被爆者を取り巻く課題を明らかにし、在外被爆者、被爆二世・三世の残された課題を明らかにします。

★ 脱原子力社会をめざして1─温暖化と脱原発に向けたエネルギー政策の展開(学習中心)
海外ゲスト─ハンスヨーゼフ・フェル(欧州緑の党)
「原発が地球温暖化防止の切り札」の虚構を明らかにし、原発に頼らないエネルギー政策を考えます。

★ 脱原子力社会をめざして2─再処理・プルサーマル計画撤回と原子力政策の転換(交流・討論)
プルトニウム利用政策の矛盾と破綻を明らかにし、各地の闘いの報告と交流を行います。

★ 特別交流会─地震と原子力発電(交流・討論)
大地震によってもたらされる原発震災の危険性を訴えます。各地から原発と地震の問題の報告があります。

★ 見て、聞いて、学ぼうヒロシマ(入門編)
被爆地ヒロシマの実相を知る入門コースです

● 特別分科会 14:00〜16:30
基調報告の討議も含め原水禁運動の交流を行います。

● ひろば 14:00〜16:30
ヒバクを許さないつどいパート9/女性のひろば/上関原発を考えるつどい/フランス核実験被害者交流のひろば。(劣化ウラン弾の交流会のみ9:30〜12:30)。

● フィールドワーク(有料・要申込み)

★ バスツアー「ヒロシマと戦争」 7:45〜18:30
第二次大戦中、毒ガスが作られた大久野島を訪ねます。

★ 上関原発現地交流ツアー 7:45〜18:30
原発建設が行われようとする山口県上関を訪ねます。

● 子どものひろばとメッセージfromヒロシマ2008 8:00〜16:30 グリーンアリーナ、他(要申込み)

■ 平和シンポジウムin広島 9:30〜11:00 県民文化センター
北東アジアの非核化と世界の核軍縮の実現にむけて(共同開催:連合、原水禁、核禁会議)
8月6日(水)

● 広島まとめ集会 9:00〜11:00 中国新聞ホール

● 特別企画「広島から平和を語る」 11:20〜12:50 中国新聞ホール
唄とトーク 出演/永六輔(タレント)/矢崎泰久(著述業)/中山千夏(元参議院議員)他

【長崎大会】


木のブロックキャンペーン(07年8月・長崎)

8月7日(木)
● 開会総会 15:45〜18:00
「核兵器廃絶2008平和ナガサキ大会」長崎県立体育館(連合・核禁会議との共催)
8月8日(金)

● 分科会 9:30〜12:30
★ 平和と核軍縮1─武力によらない平和と核廃絶をめざして(学習中心)
海外ゲスト─ジョージ・マーティン(米・ピースアクション)/ジャヤンタ・ダナパラ(パグウォッシュ議長)
平和と核廃絶を達成するために、どのような道すじが可能なのか。憲法9条が持つ非軍事の意味を考えます。

★ 平和と核軍縮2─東北アジアの非核化と日本の安全保障政策(交流・討論)
海外ゲスト─イ・スヨル(韓国・社会進歩連帯)
原子力空母の横須賀母港化と米軍再編の問題と東北アジアの安全保障と非核化を考えます。

★ ヒバクシャ1─世界の核被害の現状を学ぶ(学習中心)
海外ゲスト─チェルノブイリ被曝関係者
核被害者の現状を知り、世界のヒバクシャとの連帯を考えます。チェルノブイリ原発事故被害者の報告など。

★ ヒバクシャ2─日本の戦争責任と在外被爆者問題(交流・討論)
海外ゲスト─郭貴勲、金日祚(韓国被爆者協会)
被爆者の援護と連帯を求め、特に在外被爆者の直面する課題を明らかにします。

★ ヒバクシャ3─被爆二世・三世問題を考える(交流・討論)
「援護なき差別の状態」に置かれている被爆二世・三世の現状と課題の理解を深めます。

★ 脱原子力1─原発は地球温暖化に貢献するのか(学習中心)
「原発が地球温暖化防止の切り札」の虚構を明らかにし、原発に頼らないエネルギー政策を考えます。

★ 脱原子力2─日本の原子力政策を検証する〜再処理・プルサーマル・核のゴミ(交流・討論)
プルトニウム利用政策の矛盾と破綻を明らかにし、各地の闘いの報告と交流を行います。

★ 見て・聞いて・学ぼう"ナガサキ"─証言と映像による被爆の実相と平和運動交流
被爆地ナガサキの実相を知る入門コース。

● 特別分科会

★ 地震と原子力発電─原発・原子力施設立地県全国連絡会 14:00〜16:00
原発震災の危険性を訴えます。各地から原発と地震の問題の報告があります。

★ 検証─原子力の軍事利用と平和利用〜エンプラ40年、むつ30年の節目に 8:00〜17:00
佐世保基地めぐりとセット。原子力の軍事利用と平和利用の問題点を考えます。有料3,500円(事前申し込み)

● ひろば 1)女性交流のひろば(14:00〜16:00)2)被爆者との交流─施設訪問(9:30〜12:30)3)被爆者との交流─語る会(10:00〜12:00)4)フランス核実験被害─アルジェリアのヒバクシャはいま(14:00〜16:00)5)映画特別試写会「ひめゆり」(14:00〜16:00)

● フィールドワーク原爆遺構めぐり 14:00〜16:00

● 若者、子ども関連行事 9:30〜12:30

★ 子ども平和のひろば/長崎県教育文化会館

★ ピース・ブリッジ2008inながさき(若者・高校生自主企画)/長崎県勤労福祉会館

■ 平和のシンポジウムin長崎 14:30〜16:00 原爆資料館
被爆者援護の強化に向けて、現状と課題 (共同開催:連合、原水禁、核禁会議)

8月9日(土)
● 慰霊碑墓参 7:30〜8:30 各慰霊碑

● 長崎まとめ集会 9:00〜10:00 県立体育館

● 平和行進 10:15〜11:00 県立体育館〜爆心地公園

爆心地公園内で黙とう(11:02)〜原爆資料館見学

■ 「核廃絶の壁」木ブロック・キャンペーン(7〜9日)木のブロック展示(原爆資料館前広場)