原水禁・平和フォーラム



米軍に対する日本の負担
作成日:2010年4月13日


資料01 在外米軍の兵力比較

在日米軍兵士 51,794人(世界第2位)


1.米軍が駐留している国のうち、駐留兵士数が多い上位5か国(*単位は人)


駐留国


2009年


2008年


2005年


2000年


1995年


1990年


ドイツ


54,043


56,200


74,717


69,260


73,280


227,586



日本


34,554
(51,794)


33,122
(49,364)


34,928
+α


40,217
+α


39,134
+α


46,593
+α


韓国


(数字なし)


26,339


34,803


36,754


36,016


41,344


イギリス


9,398


9,698


11,345


11,348


12,131


25,111


イタリア


9,219


9,693


12,531


11,559


12,007


14,204

東ア・
太平洋計


44,382


70,719


82,742


108,774


89,306


119,118


在欧州計


79,636


84,488


112,039


120,056


118,162


309,827


在外計


293,701


290,178


288,028


265,518


238,064


609,422


2.駐留兵士の数と国の数 米軍が駐留している国・全147か国 (*アフガニスタン・イラク・クウェートは除く)


駐留兵士の数


国数


駐留兵士の数


国数



  1人〜  50人



116か国



1000人〜
       2000人



  5か国



 51人〜 100人



  5か国



2001人〜
     9000人



  5か国



101人〜 500人



 13か国



9001人以上



  5か国



501人〜1000人



  3か国


 


◎米軍は世界の147か国に駐留しています。そのうち116か国での駐留人員は50人以下です。
◎9001人以上の駐留国は5か国です。そのうち日本・ドイツ・イタリアの3か国では、第2次世界大戦終了時から駐留が続いています。

【注釈】
@上記は米国防総省(Department of Defense)のホームページに掲載されている「ACTIVE DUTY MILITARY PERSONNEL STREGTHS BY REGIONAL AREA AND BY COUNTRY」から作成しました。2009年から2000年は3月31日現在の、1995年から1980年は9月31日現在の人数です。
A上記の「日本」には、神奈川県の横須賀港を事実上の母港としている第7艦隊の兵士数は含まれていません。在日米軍の公式ホームページによれば、第7艦隊の兵士数は約16,000人です。
なお防衛省は08年以来、在日米軍司令部から情報提供で、日本に居住している米軍兵士の総数を公開しています。08年と09年のカッコ内の数字は総数です。ここには第7艦隊の兵士数も含まれています。


資料02 在外米軍の受け入れ国支援(駐留経費負担)

日本の駐留経費負担 44億1134万ドル(世界第1位)

1.米軍が駐留している国のうち、駐留経費負担が多い上位の5か国

●2002年


駐留国


直接支援


間接支援


総額


負担割合


日本


32億2843万ドル


11億8292万ドル


44億1134万ドル


74.5%


ドイツ


2870万ドル


15億3522万ドル


15億6392万ドル


32.6%


韓国


4億8661万ドル


3億5650万ドル


8億4311万ドル


40.0%


イタリア


302万ドル


3億6353万ドル


3億6655万ドル


41.0%


イギリス


2750万ドル


2億1096万ドル


2億3846万ドル


27.1%


同盟国総計


41億4335万ドル


42億5381万ドル


83億9716憶ドル


●1998年


駐留国


直接支援


間接支援


総額


日本


28億8126万ドル


11億3210万ドル


40億1336万ドル


イタリア



11億1383万ドル


11億1383万ドル


ドイツ


2329万ドル


9億3368万ドル


9億5697万ドル


韓国


3億4910万ドル


4億 221万ドル


7億5131万ドル


イギリス


130万ドル


1億2623万ドル


1億2753万ドル

◎2002年の資料では、米国の同盟国27か国が負担している経費の総計は83億9716億ドルです。
その中の52.5パーセントは、日本の負担です。

【注釈】
@上記は米国防総省(Department of Defense)のホームページに掲載されている「ALLIED CONTRIBUTIONS TO THE COMMONDEFENSE」の2004年版と2000年版から作成しました。この資料には、27の同盟国の受け入れ国支援(駐留経費負担)が況記載されています。