出版物原水禁ニュース
2003.2号 

世界・原水禁の動き

前号へ (12月11日〜1月10日)次号へ 

12・11 原発の維持基準や定検事業者検査の新設、罰則強化などを盛り込んだ改正電気事業法、改正原子炉等規制法参院本会議で可決・成立
12・11 東電、原発データ偽装で9人、日立製作所も5人処分
12・11 ブッシュ政権、米軍や同盟国に対して大量破壊兵器が使われた場合、核の先制攻撃を含む「大量破壊兵器に対する国家戦略」文書発表
12・12 原水禁常任執行委員会、総評会館
12・12 イランの西部と中部に高濃縮ウラン製造の秘密核施設存在と米衛星写真が確認。イラン政府、すべて「非軍事目的」と主張
12・16 海上自衛隊のイージス艦「きりしま」インド洋へ出航
12・16 ワシントンで開催の日米安全保障協議会で、北朝鮮に核兵器開発計画の即時放棄を求める共同声明発表
12・17 石波防衛庁長官が日米防衛首脳会談で、ミサイル防衛計画を、現在の研究段階から「将来における開発、配備を視野に検討を行いたい」と表明
12・17 ブッシュ米大統領がミサイル防衛システムの2004年からの配備を命じたと発表
12・18 韓国朝鮮日報、北朝鮮が核兵器開発の前段階となる高性能爆薬を使った起爆実験を93年までに約70回、米朝枠組み合意後の98年以降も70回以上行っていたと
12・19 韓国大統領に廬武鉉(ノ・ムヒョン)氏当選
12・19 パウエル米国務長官、イラクの安保理提出の大量破壊兵器開発計画に関する申告書に「重大な違反」と言明
12・21 日本原燃、六ヶ所村の使用済み核燃料貯蔵プールの水漏れ問題で、使用済み燃料の搬入凍結検討が明らかに
12・24 IAEA、北朝鮮の実験用原子炉(5000kw)、付属の核燃料貯蔵庫、放射化学研究所、核燃料製造工場の4施設の封印撤去が完了と発表
12・25 福井県・栗田知事、敦賀市・河瀬市長が日本原電に敦賀3、4号機増設計画に事前了解伝える
12・27 北朝鮮政府、IAEA派遣の査察官追放を決定、建設中断の原発を完成させ、再処理施設の放射化学研究所の再稼働を決定。査察官31日に出国
12・28 イラク政府、UNMOVICとIAEAにイラク人科学者500人余の名簿を提出
2003.1.7 日米韓政策調整会合、「北朝鮮問題の平和的、外交的手段での解決めざす」などの共同声明発表。韓国の平和路線と米の強硬路線対立、日本は米に同調
1・ 9 UNMOVICのブリックス委員長、イラク申告書の精査結果や査察経過について国連安保理に中間報告。イラクが大量破壊兵器を開発していた「決定的な証拠」は今のところないが、疑問点は解消されないと強調
1・10 核弾頭搭載可能な中距離弾道ミサイル「ガウリ」の納入を受けたパキスタン軍のトップ・ムシャラフ大統領は、平時には核弾頭を搭載しないと言明
1・10 北朝鮮NPTから脱退し、IAEAとの保障措置協定の拘束から抜け出ると宣言

(W)