出版物原水禁ニュース
2003.8号 

被爆58周年原水爆禁止世界大会
国際会議は8月2日・横浜シンポジア 5日・ワークピア広島で

□横浜では米核戦略と北東アジアの平和がテーマ

 今年の被爆58周年原水禁世界大会は、8月2日、横浜の国際会議で幕を開けます。米国でブッシュ大統領が登場し、「米国の国家安全保障戦略」さらに「大量破壊兵器と闘う国家戦略」などを発表し、核の先制攻撃を含む強力な軍事力の展開を表明しました。そして、イラクに軍事侵攻し、いままた北朝鮮をめぐって軍事的圧力を加えています。
 横浜の国際会議では米国の核戦略や、北朝鮮問題、さらに世界の核問題をさまざまな角度から検証し、討論します。興味深い国際会議として期待されます。

□原子力から自然エネルギーへ  〜世界から学ぶ脱原発社会への道筋

 世界の流れは脱原発。この流れはヨーロッパだけでなく、台湾でも大きくなろうとしています。しかし日本では依然として原子力を中心エネルギーに置いています。8月5日、広島・ワークピアで、脱原発をめぐる熱い討論が行われます。

 ここで海外からの参加者日本からの参加者の紹介にリンクします(敬称略)。