出版物原水禁ニュース
2008.1 

Japan Congress against A- and H-Bombs

原水禁ニュース

原水爆禁止日本国民会議/郵便振替口座: 00120-4-51154/ 〒101-0062東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館1F/
TEL 03-5289-8224/FAX 5289-8223/ email: list@gensuikin.org

原水禁のシンボルマーク(↑)について

印刷版は平和フォーラムのニュース・ペーパーと合冊になりました。当サイトには原水禁関連部分を掲載。

← No.492 2008.1 → 

防衛を叫びセッセと金もうけ
カット: 橋本 勝 核のキーワード図鑑
1月号表紙イラスト

☆        ☆        ☆

◇ 平和フォーラム・原水禁メールマガジン(無料)◇

焦点の課題、取り組み、活動の経過をコンパクトにまとめてお伝えします。
(毎月2回発行予定 ↓ 下のフォームから購読できます。)

平和フォーラム・原水禁メルマガ (まぐまぐ) ID: 0000229918 バックナンバー
  

☆        ☆        ☆

ナビ

08年 必要なのは持続する志と勇気

自公政権の腐敗、戦争する国づくり・格差社会への暴走を許さない

平和フォーラム・原水禁の運動に結集いただいております皆さんに、心から感謝します。

 2007年は国内でも多くの事態がありました。安倍自公政権による強行採決の連発、参議院選挙での与野党逆転、安倍の逃亡から福田への首相交代、インド洋からの自衛艦の引き上げ、自民と民主の連立政権構想もありました。また農水大臣自殺に見られる政治家の腐敗、防衛省の腐敗・汚職、年金やC型肝炎にみられる厚生労働省の国民無視の体質、経産省・電力会社による1万件を超える事故隠しと原発臨界事故隠しなどなど自公政権とそれを支え続けてきた官僚組織は、腐臭を放ち続けています。

7月には中越地震が柏崎・刈羽原発を襲いました。さらに年収200万円以下の勤労者が1,400万人、自殺者が7年連続3万人を超えるという政府統計もあるように、新たな差別と貧困の拡大する格差社会が進行し続けています。

私たちは、こうした悪臭をまき散らしながら「戦争する国づくり」へ暴走する自公政権に対抗して、憲法理念の実現をめざして、テロ特措法反対、米軍再編成反対、脱原発の実現など多くの課題を掲げて全国の仲間とともに闘ってきました。

時代の変化を感じ取ろう

 私たちが闘えば闘うほどに、隠されていた自公政権の末期的諸状態が明らかになり、現実の改革のためには政権交代しかない、ということを私たちに見せつけています。そして参議院選挙における野党の勝利は、政権交代への可能性を大きく切り開きました。国民は、政権交代を求めているのです。これはまた世界的潮流でもあります。

 2008年は大乱が予測されます。平和フォーラム・原水禁の運動課題もすべて正念場を迎えます。また総選挙も確実にあります。

 12月1日の岩国での集会で「空母艦載機の岩国移駐反対」を訴え続けていた井原市長が「岩国の問題は、お金の取引ではない。国が決めたことだから、来るものは来るのだから、もらったほうがいいなどと言って、市民をあきらめさせるような政治をしてはいけない」と演説をしました。「市民をあきらめさせるような政治をしてはいけない」。そのとおりです。政治家、政党、私たちは、「理想・めざすべきもの」を語らねばならないのです。そして、その実現の道筋を語り、創り出さなければならないのです。

2008年、自公政権と野党、平和団体、労働団体、市民団体との激突が予測されます。いや激突を創り出さなければなりません。野党も連合を中心とする労働団体も、平和団体、市民団体も、市民もがんばっています。私たちも旗を高く掲げてがんばりましょう。そしていま私たちに必要なのは、持続する志と勇気です。

(F)  

☆        ☆        ☆