緊迫する印・パ

被爆者含む緊急派遣団が、インド・パキスタンを訪問

原水禁国民会議と広島原水禁・長崎原水禁は、6月15日より27日まで、インド・パキスタンに被爆者を含む緊急派遣団を派遣しました。

インド・パキスタンの相次ぐ核実験を目の当たりにして、核被害の実態が両国の市民にほとんど知られていないことを実感し、強い危機感をもったことが、今回の緊急派遣の動機でした。

現地では各地で原爆写真展や集会、記者会見を開くなどして、広島・長崎の被爆体験を広く知ってもらい、両国の市民と交流を深めます。この他平和運動の関係者、研究者などとの会談も行ないました。

写真=ニューデリーでの集会で被爆体験を語る武田靖彦さん

武田靖彦さんの証言・概要



○メンバー:
武田靖彦(広島被爆者:65歳。12歳で爆心地から約7キロで被爆。二日後入市。16歳の姉は爆心地から1.4キロの地点で被爆、9日死亡。)
坂本健(広島県原水禁事務局長:52歳)
田窪雅文(原水禁本部国際担当:47歳)

○目的:核兵器の恐ろしさを被爆者の声で訴えると友に、両国の反核グループとの持続的な連帯の道を探ること。

○現地での行動:
武田氏の証言。広島・長崎写真集を10セット持参し、各地で展示した後、寄贈。ビデオもいくつかの場所で上映し、寄贈。パンフレット、ハダシのゲンなども各地で寄贈。(ラホールのグループからはハダシのゲンのウルドゥー語版を逆に寄贈された)

○行程(9カ所):
デリー、ポカラン、ケトライ、ジョドプール、ジャイプール、ムンバイ(ボンベイ)、カラチ、イスラマバード(ラワルピンジーを含む)、ラホール。

○話を伝えた人々:
約20回の集会・街頭行動・会合などで約2500人に訴えた。
6回の記者会見、会食、インタビュー、集会での取材などを通じて、話をしたジャーナリストは約200人。

○主要受け入れ団体

インド:インド核軍縮運動(MIND)
今年5月のインドの核実験後形成されたグループ
(プラフル・ビドワイ、アチン・バナイク、カマル・ミトラ・チェノイ他)
パキスタン:パキスタン・インド平和・民主主義人民フォラム
1974年設立。1995年2月デリーで初会議。パキスタンとインドからそれぞれ約100人が参加。同年11月、ラホールで第2回会議。96年12月、カルカッタで第3回会議。

○全体的印象:
両国の国民は核兵器の恐ろしさをほとんど知らない。反核意識を広げていく可能性をもったグループは存在する。協力して両国民に情報を提供することが重要である。

○今後の方針

1)インド・パキスタン両国民に核兵器の恐ろしさについての情報を提供するキャンペーンのためのカンパ活動を行う。(別紙参照)
(1)インド・パキスタン両国に視聴覚教材、写真等を送る。
(2)ボンベイのドキュメンタリー・ビデオ作家を夏の世界大会に招待して核兵器についてのドキュメンタリーを制作してもらうための準備を進める。パキスタンのグループとも協力して、そのドキュメンタリーには今回の訪問団の活動についての映像も含む。
2)日本の核の傘からの脱却を実現するためのキャンペーンを実施する。 
被爆者の声を両国のマスコミなどに素直に聞いてもらうためにも、日本政府の核政策の転換が重要である。日本政府は、日米安保から直ちに核の傘をはずすことを求める宣言を行うべきである。そして、米国に先制不使用宣言をするよう迫ると同時に、圧倒的量の核を持つ米ロの核の大幅削減、偶発的核戦争の危険を伴う警戒体勢の解除などを、積極的に要求し、核廃絶への道を真剣に追求する姿勢を示さなければ、インド・パキスタン両国に対する核実験反対の日本の主張は説得力をもち得ない。

派遣団の行程

日にち 場所 予定
15日(月)成田→デリーデリー着
16日(火)デリーデリー大学で会合(40人)/記者会見/街頭で写真展示・演説(80人)/レセプション(20人)
17日(水)デリー→ジョドプールインド社会科学学院で集会(100人)/核実験場近くのポカランで集会(500人)
18日(木)ジョドプールケトライ(実験場の境界から2〜3km)で集会(600人)
19日(金)ジャイプールジャイプールで記者会見(20人)/集会(100人)
20日(土)ジャイプール→ムンベイムンバイで集会(60人)
21日(日)ムンベイ→カラチカラチでニューズライン誌のインタビュー/軍拡競争反対行動委員会(ACCAR)集会(50人)
22日(月)カラチカラチ大学で集会(50人)、教員等と会談/リアリ地区で集会(150人)
23日(火)カラチ→イスラマバードカラチのジンナ医科大で学期最初の講義(80人)/社会運動・開発ネットワーク主催の集会(150人)
24日(水)イスラマバードウルドゥー語新聞記者会見(5人)/英語新聞記者会見(3人)/商店街で辻説法(60人)/集会(40人)
25日(木)イスラマバード→ラホールムバシール・ハサン元財務大臣が出迎え/人民フォーラム代表との会合/レーマン・パキスタン人権委員会事務局長と会談/人権委員会会館講堂で集会(50人)
26日(金)ラホールインタビュー(地元紙・米国人ジャーナリスト)/記者会見/ラホール発
27日(土)ラホール→成田帰国