2009年10月13日

東欧ミサイル防衛計画変更は?

オバマ政権は、9月17日、東欧におけるミサイル防衛システムの配備計画を変更すると発表しました。ポーランドに地上配備の2段式の迎撃ミサイルを10基、チェコ共和国にミサイル防衛用のレーダーを早期に配備すると言う当初計画の代わりにイージス艦配備のSM3を基礎とするミサイル防衛システムを導入するとしています。この新しい計画の問題点を米国の憂慮する科学者同盟(UCS)の二人の専門家が核問題の専門誌のサイトで論じています。

詳しくは…

投稿者 kano : 2009年10月13日 18:17
原水禁ホームへ ホームページに戻る  | このページ内容は核情報提供