原水禁ホームへ  
Gensuikin反戦・平和

2005年05月03日

NPT再検討会議直前ニューヨーク市内デモ

国連のビル前からデモ出発5月1日、核拡散防止条約(NPT)再検討会議を直前に控える ニューヨーク市内で、反核グループとイラク反戦の"United for Peace and Justice"(「平和と正義のための統一」)が共催するデモと集会が開かれた。

原水禁/連合/核禁会議合同派遣団被爆者、広島・長崎両市長をはじめ多数が日本から、原水禁派遣団は、連合・核禁会議とともに参加。日本国内の規制されたものとだいぶ違う、大通り全体を使ったデモは、日本の参加者に強い印象を与えた。参加者数は主催者発表で4万人。ニューヨーク市内を行く

ニューヨーク市民の反応も好意的。プルトニウム抽出による核拡散のあらたな拡大を招く日本の再処理を危惧した、STOP ROKKASHOポスターもあちこちで見られた。STOP ROKKASHOセントラルパークでの集会では、ドイツの高校生が中心になって、世界中で集めた木片を壁に組み立てる、「国際法を守る壁」が目を引くなど、長崎からの高校生を含め、若い人々の姿が目立った。
STOP ROKKASHOSTOP ROKKASHO
ドイツの高校生国際法を守る壁


[ 反戦・平和] > 固有リンク | トラックバック(0) PingURL: http://www.gensuikin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/6