原水禁ホームへ  
Gensuikin

2005年10月20日

六ヶ所再処理工場問題の2つのパンフレット

パンフ「六ヶ所再処理工場と核拡散 」

高レベル放射性廃棄物貯蔵施設の冷却設備設計ミスで12月の予定に遅れが予想される再処理工場のアクティブ試験ですが、原子力安全・保安院は18日、関連二施設の改造工事申請を認可しました。原燃がさっそく工事に着手するなど、稼働延期の行動が急を要している今、2つのパンフレットを発行しました。

全国署名や、11月19日「止めよう再処理2005共同行動」の大集会へむけた様々な活動に、ぜひ活用下さい。各1冊100円です(送料別、30冊以上は送料不要)


パンフ「ついに放射能放出がはじまる−動かしちゃならない! 六ヶ所プルトニウム生産工場」「ついに放射能放出がはじまる−動かしちゃならない! 六ヶ所プルトニウム生産工場」は使用済み燃料プールで繰り返される水漏れを含め、その危険性と核燃料「サイクル」の虚妄を指摘、もう一冊の「六ヶ所再処理工場と核拡散」は、すでに43トンものプルトニウムを所有する日本が、非核保有国としてはじめて大規模のプルトニウム工場を動かす事で、新たな核拡散時代の扉を開こうとしている事の意味を明らかにしています。また参考として載せてある自治体議会の意見書案は、各地の市民がこれからの活動に活かせる具体案です。

ついに放射能放出がはじまる−動かしちゃならない! 六ヶ所プルトニウム生産工場

  • 原爆の材料プルトニウム生産中止を!
  • 1.使用済み燃料プールで再び漏えい事故が発生
  • 2.六ヶ所再処理工場のおもな工程と危険性
  • 3.ウラン試験とアクティブ試験
  • 4.イギリスソープ再処理工場−大規模漏えい事故で施設閉鎖か?
  • 5.核燃料はリサイクルできない
  • 6.原子力は温暖化対策にはならない
  • 7.再処理工場は核兵器材料生産工場
  • 8.虚妄の核燃料サイクル政策

発行■止めよう再処理!2005共同行動(事務局:止めよう再処理!全国実行委員会)

六ヶ所再処理工場と核拡散

  • はじめに
  • 注意すべき3つのポイント
  • ウラン濃縮と再処理とは
  • プルトニウム利用は古い発想
  • 有り余っているプルトニウム
  • 運転を急ぐ本当の理由
  • 核のゴミ捨て場的状況は再処理では改善されない
  • 行方のつかみにくいプルトニウム
  • 原発のプルトニウムでは核兵器ができないとの嘘
  • ウランと混ぜて抽出されるから兵器に使えないとの嘘
  • 再処理中止を求める世界の声
  • 朝鮮半島の非核化に向けて
  • 参考

 著者: 田窪雅文(たくぼ・まさふみ)

発行 原水爆禁止日本国民会議


固有リンク | トラックバック(0) PingURL: http://www.gensuikin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/23