原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2006年05月13日

大阪地裁「原爆症不認定取り消し、原告全員勝訴」判決について

12日、大阪地裁において、「原爆症認定集団訴訟」の画期的な判決が下されました。

被爆者の被害認定は、これまで爆心から2キロ以内で直接被爆した人にしか認めず、原爆の放射線の影響を評価した基準には、死の灰や黒い雨などの放射性降下物は対象となっていませんでした。判決では「全員の疾病について原爆の放射線によって引き起こされた可能性がある」とし、入市被曝者にも原爆による健康被害はあると認定、画期的と言えます。

原水禁国民会議として、判決に対して以下のコメントを発表しました。今後もヒバクシャの権利の確立・拡大に向けて、引き続き努力していきます。

原爆症認定集団訴訟・大阪地裁判決についてのコメント

本日(5月12日)、大阪地裁で原爆症認定訴訟の原告全員が勝訴したことを心から喜びたい。この中で2人の入市被爆者が含まれていたことを高く評価したい。この勝訴は、現在進められている各地の訴訟だけでなく、多くの被爆者を勇気づけるものである。しかし多くの被爆者の原爆症認定が、裁判によらなければ得られないということは、老齢化した被爆者には極めて残酷である。国は控訴せず、これまでの認定のありかたを根本的にあらためることを強く求める。

2006年5月12日 
原水爆禁止日本国民会議 
議長 岩松 繁俊 


[ ヒバク] > 固有リンク | トラックバック(1) PingURL: http://www.gensuikin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/44