原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2007年01月31日

原爆症認定を求めるアピール

昨2006年5月の大阪地裁、8月の広島地裁に続いて、原爆症認定訴訟で1月31日、名古屋地方裁判所が政府の認定制度の問題を認める判決を下しました。原水禁は連合、核禁会議とともにヒバクシャに対し原爆症認定を早急に行うことを求めるアピール文を発表しました。

参考記事

2007年1月31日

日本労働組総連合会
原水爆禁止日本国民会議
核兵器禁止平和建設国民会議

原爆症認定訴訟・名古屋地裁判決についての3団体アピール

 1月31日、名古屋地方裁判所は、原爆症認定訴訟において、原告4人のうち、2人の請求を認め2人を却下する判決を言い渡しました。

 本判決は、昨年5月の大阪地裁、8月の広島地裁に次いで、機械的に進められている現行の認定制度の問題をあらためて認めたものです。

私たち連合・原水禁・核禁会議の3団体は、国・厚生労働省が原爆症認定を認めた2人に対する判決を厳粛に受け止め、現行の認定制度を抜本的に改め、本訴訟原告をはじめ原爆症認定申請者に対して、原爆症認定を早急に行うことを求めます。

 あわせて、国・厚生労働省は大阪・広島両地裁判決の控訴を取り下げることも、ここにあらためて要請します。

 我々3団体は、原告、関係者のご努力に敬意を表し、今後も被爆者援護施策の強化とともに核兵器廃絶と世界平和の実現をめざし、力を合わせて取り組むことを決意し、アピールとします。

以上