原水禁ホームへ  
Gensuikin

2007年03月15日

信じ難い臨界事故隠し─北陸電力・志賀原発

志賀原発北陸電力の志賀原発で、1999年6月18日、「想定外に制御棒3本が引き抜け」原子炉自動停止信号が出たが制御棒が入らず緊急停止できなかった。事故のあった志賀原発1号機は定期検査中で、原子炉格納容器、圧力容器とも上蓋を外していた。(下の図参照)

3月16日の抗議声明へ

(写真─いずれも北陸電力のサイトより)
原子炉格納容器、圧力容器とも上蓋を外していた

制御棒を入れられず、ブレーキのない原子炉を止めようとしていた15分の間、中央制御室にいた人物の心中は?思わず、チャイナ・シンドロームでのジャック・レモンの演技を思い出しました。

制御棒脱落は、スリーマイルなどの冷却材喪失と同じく、原子炉暴走、メルトダウンが想定される大事故。東京電力など各社でデータ改ざん、隠ぺいが相次ぎ、過去の不正などを調査する段階で見つかったものの、これまで原因調査も行わず、隠蔽してきたなど言語道断だ。

抗議声明

北陸電力の志賀原発で、1999年6月18日臨界事故が起こり、8年間もその事実を隠していたことが昨日明らかになった。「想定外に制御棒3本が引き抜け」原子炉自動停止信号が出たが制御棒が入らず緊急停止できなかったという。事故のあった志賀原発1号機は定期検査中で、原子炉格納容器、圧力容器とも上蓋を外していた。

制御棒脱落は、スリーマイルなどの冷却材喪失と同じく、原子炉暴走、メルトダウンが想定される大事故である。制御棒の緊急挿入装置が働かず、自動停止にも失敗。安全のための多重防護が外された、いわば落下防止ネットなしの綱渡り状態で原子炉が動いていた15分の間、放射能放出事故に至らなかったのは、幸運だったとしか言いようがない。8年間もの事故隠しは、たまたま1人の社員 の告白があったため判明した。その間に、北陸電力はこの事故を隠し、2ヶ月 後には2号機増設の了承を地元から得た。

東京電力では、2002年に一連のデータ改ざんが発覚し、全ての原子炉を停 止して総点検を行ったはずだが、昨年末、法定検査のデータに不正な改ざんが行 われたことが発覚し、現在でも次々とデータのごまかしや不正な操作が発見され続け、法定検査に関係するデータ改ざんは、延べ200回にものぼる。数々 のデータ不正操作や国、自治体からそれらの事実を隠蔽してきた体質に対して、柏崎刈羽原発を抱える新潟県の泉田知事は、「大変悪質なものであり、東 京電力の過去の企業体質に呆れ返るばかりです」と述べ、「このような状況で 原子力発電所が運転されていたことには、空恐ろしさも感じます。」と地元の 不安を語ると同時に、国の検査体制や原発における安全管理などの欠陥も指摘している。

東北電力では、女川原発で98年に原子炉が異常停止したことの隠蔽が判明、点検のために出力を下げている最中、異常に高い中性子量が検出され、原子炉が緊急停止したという。従業員が、「通常の停止と変わらない」と独自で判断。法令に基づく国への報告義務を怠り、10年近くも闇に葬られていた。

電力各社の情報隠し体質と嘘をつきながらの原子力推進のあり方が明白になった。これら電力各社の責任はもちろん、監督すべき経済産業省、原子力安全・保安院の責任も重大である。信頼性の全くなくなった検査体制や安全管理に抜本的な改革を行い、新たな体制ができるまで、原子力発電の推進は許されない。

このような状態で、より危険なプルトニウム利用、プルサーマルを始めようと するなど言語道断だ。「原子力ルネッサンス」「原子力立国」と言った机上の空論ではなく、地に足の着いた現実的安全政策が徹底されなければならない。

原水禁は、電力各社の事故隠し体質の徹底的な調査と同時に、国の原子力政策の抜本的な見直しを求めていく。

2007年3月16日
原水爆禁止日本国民会議 

関連記事

関連テレビニュース