原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2008年05月25日

原発被曝訴訟の長尾さんに不当判決

判決後の記者会見

判決後の記者会見

5月23日、福島第一原発で作業中の被曝で多発性骨髄腫を発症し東京電力に損害賠償を求めた、長尾さんの東京地裁判決が出ました。きわめて異例ずくめの政治的とも言える判決です。

地裁は因果関係を認めず請求を棄却しましたが、その論拠が不可解。多発性骨髄腫と診断され、厚労省も2004年1月、労働災害として認定しました。白血病以外では初めてのことです。一方、今回地裁は多発性骨髄腫の診断要件として、複数ある骨病変で形質細胞のクローナルな増加として認められたものが、実際の組織検査をした昨年10月のものだけだったことで、認められないなどとしています。患者の負担を考えて当然の結果しか出ない組織検査の回数を控えたのは医療として当たり前のことでしょう。長尾さんは昨年十二月に、判決を聞くこと無く亡くなられました。

被害者の保護を図るため、故意・過失が無くとも賠償責任を負わせる無過失責任主義を採用した原賠法の趣旨からも、すみやかに損害を賠償するべきもので、今回の判決は到底理解し難い不当判決と言わざるを得ません。