原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2008年09月12日

日韓被爆二世交流会が開催される

日韓被爆二世交流会

flickrサイト日韓被爆二世交流会

9月7日、福岡市内の福岡県教育会館において、日本と韓国の被爆二世を中心に「日韓被爆二世交流会」が開かれ、両国の被爆二世が置かれている現状を報告し、今後の運動の連携を確認し合いました。両国から約70名が参加し、そのうち韓国からは、韓国人被爆者の許万貞さん、金文成さんをはじめ、二世の李太宰さん、李鉱出さんら9人が参加しました。

この日韓被爆二世の交流は、全国被爆二世団体連絡協議会の主催で、1989年から始まり、今年で8回目となりました。原水禁は、毎回この交流集会に協力しています。

交流会では、それぞれの代表あいさつや参加者(韓国側)の紹介の後、韓国の被爆者・金文成さん(広島被爆)の被爆体験が語られました。

金文成さんは、広島で生まれ7才で被爆し、左側に大きな火傷を負い、特に足が曲がってしまいその後の生活に大きな影響が残りました。1945年9月に韓国に戻り、苦労したといいます。特に長男が結婚しようとした時、相手の女性の親から私が原爆被爆者だからと言って破談になったことや、99年ごろから左足が悪化し(ガン)、長崎友愛病院で治療し、原爆症認定を求めたが却下される経験をしてきました。04年には、甲状腺ガンを発症し日本で手術を受け、そのとき初めて原爆症に認定されたとのことです。現在韓国では、認定被爆者はほんの数名といいます。金さんはそのうちの一人です。

日本の被爆二世を代表して、副会長の崎山昇さんが、日本における被爆二世運動の現状と課題と題して報告。崎山さんは、当面、全国被爆二世団連絡協議会として、(1) 被爆二世健康診断にガン検診の追加 (2) 検診結果に応じた医療措置 (3) 被爆二世の実態調査、被爆二世健康手帳の発行を求め、最終的には国家補償と被爆二世・三世への適用を明記した援護法の改正を目指したいと報告しました。

韓国の被爆二世の李太宰さんからは、韓日の被爆二世のこれまでの交流の経過が、映像を使いながら報告されました。李さん自身は、2000年の第2回韓日被爆二世交流会から参加し、今年の原水禁世界大会への参加や昨年の高校生平和大使とともにジュネーブの国連軍縮委員会へも訪問したことが報告されました。

その他、鹿児島の被爆二世の会からは、会員が100名を超し、県への要請や会報の発行をしていることが報告がなされました。