原水禁ホームへ  
Gensuikin

2008年11月26日

柏崎刈羽原発再開ストップ講演&パレード開催

11月24日、新潟市の「ぽんぽーと・ビーンズホール」において、「柏崎刈羽原発再開ストップ講演&パレード」(主催/ストップ原発再開実行委員会)が、県内を中心に約100人の参加で開かれました。

集会では、原子力資料情報室の共同代表の山口幸夫さんから「柏崎刈羽原発 大丈夫?」として講演がなされました、講演の中で、07年7月の中越沖地震によって3500件を超える被害がもたらされた柏崎刈羽原発が抱える技術的な問題点や課題について話されました。
特に山口さんは、何度となく県の技術委員会に足を運び傍聴してきた中で、想定をはるかに上回る揺れによって、建物や機材に大きな力が加わっていること、それによりひずみなどが生じ、それが元に戻らなくなる「塑性変形」の問題について強調されました。
地震の強い揺れによって配管などの機器が塑性変形し、深刻なダメージを受けた可能性が高いことが指摘され、それに対して東電は、全て検証しているわけではなく、解析(計算)によって「安全」としているところもあるような状況で、本当に運転を再開していいのかと訴えられました。さらに県の技術委に対して「もっと県民の監視の目が必要」と訴えられました。
講演後、市内にむけて原発の運転再開反対を訴えてデモ行進をしました。