原水禁ホームへ  
Gensuikin

2008年12月02日

STOP再処理工場“秋の大収穫祭”

11月30日(日)、上野水上音楽堂で「NO NUKES MORE HEARTS STOP再処理工場LOVE六ヶ所村 集まろう!伝えよう!放射能を海に大地に捨てないで!“秋の大収穫祭”」が開催されました。原子力資料情報室などの市民団体で構成される「11.30六ヶ所再処理工場に首都圏からNO! 実行委員会」が主催しました。

晴天の下、約800人が参加した会場では、7組のミュージシャンによるライブ演奏やゲストのトークが行われ、観客席からは惜しみない拍手や声援が送られました。「未来バンク事業組合」理事長の田中優さんから、「我々は電気代が使うほど高くなる。企業は使うほど安くなる。その仕組みを変えて企業に省エネを促せばいい。企業は全体の使用量の3/4を使っている。原発は必要悪ではない。必要悪だというには、現在の使用量を減らせないという前提が必要。だから原発はやめることができる。」との提起がありました。食べ物や物販のブースも出店されて、多くの人々で賑わっていました。
デモ・パレードでは、参加者が手作りのプラカードや旗竿などを持ち寄り、思い思いに「再処理止めよう!」「放射能で空や海を汚さないで」と訴えました。