原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2009年02月18日

在外被爆者議員懇談会

17日、斉藤鉄夫衆議院議員を中心に、超党派で議員懇談会が開催され、韓国、ブラジル、米国から在外被爆者や支援者が参加。出席した厚生労働省の担当者に対し、在外公館でできるようになった被爆者健康手帳の申請と同様に、原爆症認定申請も自国でできるようにすること、認定が遅れたことへの損害賠償訴訟の早期の和解などが求められました。厚労省側は、訴訟は被爆者援護法改正前のものであるとして、早期の和解に難色を示しましたが、不備があるから改正されたのではないのか、との質問には回答できていません。