原水禁ホームへ  
Gensuikin

2009年02月28日

柏崎刈羽原発の運転再開撤回を求める署名提出

東京電力へ柏崎刈羽原発の運転再開撤回を求める署名提出

flickrサイト東京電力へ柏崎刈羽原発の運転再開撤回を求める署名提出

新潟県平和運動センターなどが参加する「柏崎刈羽原発設置反対県民共闘会議」と原水禁は27日、合計約119万4000人分の東京電力柏崎刈羽原発7号機の原子炉設置許可取り消しと、運転再開の断念を求める署名を国と東電にそれぞれ提出しました。

2007年、マグニチュード6.8の中越沖地震で「想定外の揺れ」を受け、3千カ所をこす被災、火災や放射能漏れを起こして止まっている柏崎刈羽原発ですが、地震に対する甘すぎた想定の原因究明もされぬうちに、7号機の運転再開への動きが進められています。

活断層の大きさや、原子炉で塑性(そせい)変形が起きているかどうかなどでまだ議論の分かれているまま、新潟県技術委員会でもまだ結論が出ていません。東京電力へ58万6千をこえる署名の提出の際、安全、安心を第一にするはずだった公的企業の社会的責任を聞くと、東電側は「署名は確かに受領した。社長や関係役員に伝える」のみの回答で、それ以上何も答えられませんでした。

東電に引き続いて、経済産業省と原子力安全・保安院に対し、近藤正道参議院議員の出席する場で、608,106筆の署名を提出、拙速な運転再開の撤回を求めました。特に、耐震・安全性の面では専門家の間でも議論は割れており、推進側の言い分を一方的に伝える説明会ばかりに終始せず、地元新潟県民や国民の前で、専門家同士の議論を行うべきだと強く主張しました。経産省・保安院の回答はここでは決められないとして、質問の答えにならないことを繰り返すばかりでした。