原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク

2009年03月19日

原爆症認定広島第2次集団訴訟判決で初の国家賠償認定

 広島地裁で3月18日、原爆症認定集団訴訟の広島第2次訴訟の判決が言い渡されました。国に対して、注意義務を怠り、3人の原告に対し誤った認定審査の却下を行ったとして、計99万円の支払いを命じるものでした。「厚生労働大臣の行為は違法である」という判断がなされたのです。

 原爆症認定集団訴訟において、国家賠償が認められたのは初めてという画期的な判決となりました。厚生労働大臣は、認定審査会の審査をただ追従して判断するのではなく、問題点をみつけて是正を促すべきであるとして、行政の不作為をはっきりと認定するものになっています。賠償を受ける側は、法的にはすぐにでも仮執行を求めることが可能な立場にあり、今回の司法判断は大変に重いものです。12日の東京高裁判決に続いて、国は15連敗となりました。認定行政の見直しはもう避けられません。

 東京では、衆議院第二議員会館で15時から、広島地裁判決報告集会が開催され、各地の原告団や超党派の国会議員、支援者らが参加、弁護団による判決の報告に耳を傾けました。

2009年3月19日

原爆症認定広島第2次集団訴訟 広島地裁判決に関するアピール

原水爆禁止日本国民会議

  1. 3月18日、広島地方裁判所は、広島・山口在住の被爆者が、原爆症認定を求めた広島第2次訴訟で、原告5人の認定申請却下を取り消す判断を下し、国は「職務上の注意義務を尽くすことなく漫然と認定申請を却下した」として、うち3人に対し、計99万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。これによって国は、一連の集団訴訟において、15連敗を重ねる結果となりました。
  2. 今回の判決が、これまでの判決と流れを異にするのは、初めて国家賠償が認められた点にあります。これまでの司法判断は、原告の訴えを認めながら、国家賠償請求は棄却することによって、国に対し自発的な対応を促すものだったとも解釈できました。しかし、判決の重みを無視し、不当にも控訴、上告を繰り返す国の姿勢に、司法もついに怒りの判断を下したといえるものです。
  3. 厚生労働大臣は、認定審査会の基準をただ追従して判断するのではなく、国が審査にあたる分科会に再検討を促し、自ら資料収集して適正な判断をするべきであったと指摘しています。その指摘に基づき、原告5人への認定申請却下は注意義務違反にあたるとして、厚生労働大臣の行為は違法であるとはっきり認定する判決となっています。
  4. 国は、今回の判決を重く受け止め、控訴は行わないこととともに、一連の訴訟の全面解決と、不十分な「新しい審査基準」を始めとする認定行政の見直しを行うべきです。
    原水爆禁止日本国民会議は、原告や多くの関係者のご努力に敬意を表するとともに、被爆者援護の充実と、核廃絶とともに、再びヒバクシャをつくり出さない世界の実現に取り組むことを決意し、アピールとします。

以上