原水禁ホームへ  
Gensuikin

2001年04月02日

プルサーマル凍結を求める全国要請行動

プルサーマル凍結を求める全国要請行動

 東京電力・柏崎刈羽原発3号機で導入予定のプルサーマル計画の凍結ないし反対するため、全国各地から新潟県知事、柏崎市長、刈羽村長、東京電力への要請行動が取り組まれました。この要請行動は、地元新潟県平和運動センターの全面協力を得て、原水禁国民会議(平和フォーラム)が呼びかけて、取り組まれたものです。
 4月17日から始まる柏崎刈羽原発の定期点検の際に、MOX燃料が装荷されるかどうかが鍵となり、その前段にあたる4月2日~13日にかけて集中的に地元自治体と東電に要請行動を行うことになりました。

 要請行動の概要は、以下の通りです。

 1 趣 旨 : 全国各地から、プルサーマル計画の凍結、中止の要請を関係自治体首長ならびに事業者に直接行い、プルサーマル実施を断念させる。

 2 要請先 : (1)平山征夫 新潟県知事
         (2)西川正純 柏崎市長
         (3)品田宏夫 刈羽村長
         (4)出沢正夫 東京電力柏崎刈羽原子力発電所長

 3 期日と要請団 :
         4月2日(月)原水爆禁止日本国民会議(平和フォーラム)
         4月3日(火)福島県平和フォーラム、原水禁四国ブロック
         4月4日(水)原水禁北信越ブロック
         4月5日(木)北海道平和運動フォーラム、原水爆禁止青森県民会議,
宮城県護憲平和センター
4月10日(火)原水禁九州ブロック
         4月12日(木)原水禁関東ブロック
         4月13日(金)原水禁中国ブロック、原子力資料情報室


[ ] > 固有リンク | トラックバック(0) PingURL: http://www.gensuikin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/353