原水禁ホームへ  
Gensuikinヒバク反戦・平和

2004年02月28日

静岡のビキニ・デーへキャラバン出発

東京の江東区にある「第五福竜丸展示館」前で集会を開いた後、静岡のビキニ・デーへむけてキャラバンが出発しました。
「第五福竜丸展示館」前天王洲付近をゆく第1京浜を川崎へ
- 毎日新聞の記事

1954年3月1日米国がマーシャル諸島・ビキニ環礁で水爆実験を行い、静岡県焼津港のマグロ漁船「第五福竜丸」がヒバク、久保山愛吉さんが急性放射能症で亡くなられた事件のほかも、他の乗組員、ほかの多くの船、島々にいた人々がヒバクし、その後遺症に苦しめられています。
50年経った今、米国からマーシャルの人々への核実験の補償金はうち切られています。
日本の、そして世界中に広がった原水爆禁止運動の始まりとなったこの核実験「ブラボー」から半世紀の3月1日、静岡で開かれるビキニ・デーへむけて反核・平和をうったえるキャラバン。今日の参加は約80人です。
神奈川では、原子力空母の母港化計画のある横須賀で、街頭宣伝をしたあと、29日、三浦市三崎の集会・「ビキニ50周年水爆被災市民のつどいin三浦」に参加。翌3月1日静岡のビキニ・デー全国集会に参加します。

 詳しい日程


[ ヒバク][ 反戦・平和] > 固有リンク | トラックバック(0) PingURL: http://www.gensuikin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/488