2013年01月17日

核問題の世界的権威、オバマ大統領へ日本に再処理を断念させるよう求める

「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」誌はオバマ大統領に公開書簡で、日本政府に青森県六ケ所村での使用済み核燃料再処理を断念するよう求めることを要請しました。世界の終末までの残り時間を「零時まであと何分」という形で象徴的に示している世界終末時計でも有名。毎年1月に開かれる同誌の科学安全保障委員会は1月14日、2013年は5分前のまま針を動かさないことを発表。

世界終末時計について

世界終末時計(Doomsday clock)は、雑誌、Bulletin of the Atomic Scientists (直訳:原子力科学者会報)の表紙を飾る。広島・長崎に至ったマンハッタン計画への反省、核戦争を可能にしてしまった責任を感じる科学者グループが生み出した。シカゴ大学には現物(オブジェ)が飾られている。原水禁には同誌の発行人だったスティーブン・シュウォーツが世界大会やビキニ・デーに参加している。

2013年は昨年と同じ5分前とした同誌の科学安全保障委員会は、「2012年は全地球的な問題の数々が針を押し進めたが、数多くの市民たちが引き戻した」とした。また、同委員会は、オバマ大統領への公開書簡のなかで、新START批准や世界的な核セキュリティー体制の構築への賛辞を送った。さらに、再生可能エネルギー源への支援やエネルギー効率向上への取り組みにも言及、記録的な干ばつや超大型ハリケーンが、まさに温暖化予測に基づく気候変動の指摘するところと指摘。

2012年は福島事故後、日本がとるべき膨大なコストと長い時間を必要とする回復への道のりへの最も初期の段階でもある。また、核兵器削減、厳戒態勢解除、核兵器物質の管理の実現ができなかった年でもあるとした。

オバマ大統領への公開書簡で日本の再処理中止を呼びかけ

(書簡の関連部分を仮訳しました。)

核分裂性物質

2009年に大統領に就任後数ヶ月のとき、4年以内に世界各地すべての脆弱な核物質のセキュリティを確保するという目標を発表されました。すべての核分裂性物質は、分離する目的が核兵器用か民生用かにかかわらず相当な核拡散リスクをもたらすということ──これは、非常に重要な公表された確認事項です。2013年には核分裂性材料の議題を活性化し、拡めるべきです。

2010年に第1回の核セキュリティサミットを開催されました。しかし、2年ごとの国家元首のこれらの会議では、主に非核兵器国における民生用高濃縮ウラン(HEU)のセキュリティを確保し統合することに対処してきましたが、それは核分裂性物質の世界的備蓄の2%に未たないものです。また、民生用の高濃縮ウラン問題だけではありません。大統領の韓国外国語大学での昨年の演説を引用すれば、「我々がテロリストの手に渡らぬようにしようと試みているまさにその物質──分離済みプルトニウム──を大量に増やし続けることは、絶対にしてはならない」のです。

大統領、我々は、直ちに民生用および軍事用の核分裂性物質──高濃縮ウランと同様にプルトニウム──の備蓄への包括的アプローチを始動することを呼びかけます。独立した調査機関の評価では、高濃縮ウランの1440トンと分離プルトニウムの500トンの世界的備蓄の存在を示唆しています。 これは理論的には核兵器の数十万発に十分な量です。

1970年代以降、米国は民間の使用済み核燃料や核分裂性物質の分離の再処理をしていません。2013年には、米国として、日本の六ヶ所再処理工場の試運転を思いとどまらせるべきであり、また韓国の再処理計画を再考するよう奨励するべきです。

米国は今年、核弾頭(配備中または予備用保管のものを含む)以外のすべての過剰な核分裂性物質を公表し、国際的な監視のために提供するべきです。2013年は、米国独自の核分裂性物質蓄積量のさらなる削減だけではなく、ロシアや他の核保有国が保有する蓄積量の削減を求めるべき年です。

大統領、2013年にはアメリカ合衆国は、他のNPTで認められた核兵器保有国とともに、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮と連携して、正式な条約の成立を待つ間、兵器用核分裂性物質の増産へのモラトリアムを宣言するべきです。

Posted by kano at 18:53 | TrackBack

2010年12月08日

2010年11月04日

11月5日:米国の専門家フランク・フォンヒッペル教授を招いて─核軍縮・核燃料サイクル問題勉強会

11月5日、衆議院第2議員会館第7会議室で米国の専門家フランク・フォンヒッペル教授を招いて─核軍縮・核燃料サイクル問題勉強会を開催します。同時通訳付き、無料。
「米・韓・中・日における核軍縮・プルトニウム政策」
オバマ大統領が設置した「米国の原子力の将来に関するブルーリボン委員会」とは?

Posted by kano at 13:18

2004年09月29日

人質解放に際して

イタリアのA Bridge to Bagdad「バグダッドへの架け橋」(パルクイラク医療支援キャンペーンを現地に中継したNGOだそうです)の女性スタッフと、イラク人スタッフが解放されたことは、細川さんのいたちまる雑記で知りました。よかった。
紹介されていたアルジャジーラの記事に見る、イタリアの外相の言葉は、ここの国の外相が4月に見せたものとはあまりにも違います。和訳をうにさんの記事から引用させてもらいます。

外相談:「私と政府は、アラブ・イスラム世界が人質の解放のために払ってくれた努力に感謝したい。彼らの助力がなければ、人質たちは解放されなかっただろう。多くの人が人質解放のために努力してくれた。イラク内外の宗教者から電話もいただいたし、アラブ諸国の政府の協力もあった。それらに感謝したい。」
また、こうも言っています。日本中で言われた自己責任論とはいったい何だったのでしょう?
「私たちは身代金は支払わなかった。なぜなら、私たちがやってきた仕事や、人質たち、ボランティアの人たちがイラクの人たちのためにやってきた仕事が身代金だからだ。」

Posted by kano at 22:28 | TrackBack

2004年06月24日

反核ピースコンサート

上々颱風トリオ寿東風李政美という豪華メンバー出演のコンサートが7月31日三宅坂ホールであります。
前売り・予約2500円!!原水禁事務所内(5289-8224)反核ピースコンサート実行委員会まで

反核ピースコンサート:上々颱風/寿/東風/李政美

Posted by kano at 19:29 | TrackBack

2004年06月23日

ビデオ「瀬戸内スナメリものがたり」

2年がかりで撮影したビデオ「瀬戸内スナメリものがたり」。長島の自然を守る会製作、高木仁三郎市民科学基金、環瀬戸内海会議協賛です。
スナメリ上関原発の計画で揺れる海の豊かさを象徴するようなスナメリ。6月4日に開催された環瀬戸内海会議総会で封切され、学校教材としても使えるような内容だと評価が高かったそうです。
時間 20分、3,000円(税込み、送料別)

内容
第1章 スナメリって何?
 *スナメリの生態についての説明
 *スナメリの食べ物は?(解剖所見ー貴重な映像です)
第2章 瀬戸内のスナメリ今昔
 *過去 スナメリは神様だった!ースナメリ網代漁の最後の経験者談
  スナメリに寄せる想い(竹原高校、海と島の歴史資料館)
 *現在 残されたスナメリの楽園「上関」
  原発計画にゆれる海
第3章 豊かな海を取り戻そう
 *瀬戸内海の再生に向けてー瀬戸内法改正
 *スナメリの泳ぐ海は豊かな海
 *次世代の子どもたちに残すもの

Posted by kano at 17:46 | TrackBack

2004年06月11日

引っ越しました

同じ住所・建物の中で、5階から1階へですが、荷物のまとめなど大変でした。
新しい事務所入り口
総評会館に入って少し右側に写真のような間仕切りにポスターの貼ってある事務所の入り口が見えます。
原水禁運動への叱咤激励など、新御茶ノ水駅界隈にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

Posted by kano at 22:27 | TrackBack

2004年04月15日

イラク人質の3人解放

アルジャジーラの映像をNHKが流しています。
ともかくよかった。

3人を解放:テレビ画面を撮影

Posted by kano at 21:02 | TrackBack

2004年04月01日

携帯、PHSで見やすく

GensuikinのQRコード原水禁の携帯サイトアドレスを「QRコード」にしました。対応機種をお持ちの方は、この画像をクリックして表示されるより大きな画像を、バーコード読みとりモードにして撮影(?)してください。原水禁のアドレスが読みとれるはずなので、ブックマークしておいてください。
対応機種を持っていないので、間違いがあるかも知れません。上のリンクの画像(gif)でうまく行かなかった方は、PNG(6kb)、BMP(964kb)版も試してみてください。画面上で読みとれないときは、印刷するとよいかも知れません。
【粗品プレゼントのお知らせ】
この方法で携帯でアクセスして(もしくは何らかのこちらのミスを指摘して)下さった方先着若干名様に、web編集人より記念品を差し上げます。こちらにメールください→kano@gensuikin.org

さらに、私のように、PHSしか持っていない方にも朗報(?)です。PHSからもアクセス可能に銀河(その使い方)というサービスをつかえば、H”などのDDIポケットのPHSで原水禁の携帯サイトを見れます。こちらの方も先着若干名様に、web編集人より記念品を差し上げます。上記にメールください。どちらも、このサイトをご覧になっての感想もお忘れなく。


携帯に携帯版サイト・アドレスをメールする

Posted by kano at 23:22 | TrackBack

2004年03月26日

ヨンビョン核施設プール内の使用済み核燃料

プール内の使用済み核燃料─カーネギー国際平和財団のサイトよりカーネギー国際平和財団のサイトプール内の使用済み核燃料の写真が掲載されています。(1996年撮影、米国の技術者らが缶詰にする前の状態)
使用済み燃料はどこにおかれているのか? や
寧辺(ヨンビョン)の核関連施設
にリンクを付けました。
関連: ヨンビョン5MWe原子炉核燃料棒と密封貯蔵用キャニスター概略図

Posted by kano at 20:58 | TrackBack

2004年03月15日

更新情報

3月号表紙から
「最新情報」に独立した記事としては出していませんが、原水禁ニュースの3月号(画像は表紙から)をはじめ、「最新情報」に載せた記事「ブッシュ大統領7つの核拡散防止措置提案」にも関連して、


また、「米国の民生用高濃縮ウラン輸出と核拡散」に関連しては、

おまけに、3月20日にむけて、こんなのも作りました(注:携帯からは見ないように!無駄な画像データが並んでいます─訂正:iモード・シミュレータで見ると、ちゃんと無駄な画像を読み飛ばす仕様になっていました。)
3.20 日比谷へ3.20 日比谷へ
ページ下の各地へのリンクが主眼です。並んだ画像は、flashを入れてなくてWorld Peace Nowのトップ・ページが見れない人には意味あるかもしれません。

Posted by kano at 20:46 | TrackBack

2004年03月04日

ビデオ「六ヶ所再処理工場2003」

ビデオ「六ヶ所再処理工場2003」が完成しました。
VHSカラー 20分
1本2000円(送料500円)、5本8000円(送料込み)

2002年〜2003年に行われた取材から、
●六ヶ所再処理工場について
・海と大気に流される放射能の広がりと危険性
 ─ 海に流した1万枚のはがきの行方など
・水漏れ事故に対する政府と事業者の対応
 ─ アニメを用いた解説もあります

最近、食農保育をあつかったドキュメンタリー「たべる たがやす そだてる はぐくむ」(朝日新聞12月26日に紹介されました)も制作し、丹念な記録映画作りで知られるKOOK企画ですが、「六ヶ所再処理施設総点検に関する検討会」等を取材した「2004年版」も制作中です。

はがきの放流(写真)、アニメーション解説など、六ヶ所再処理工場の無謀さを誰にもわかるように示しています。

くわしくは下記へ。
KO-OK企画:
〒357-0031 埼玉県飯能市山手20-20
0429-73-5502

郵便振替: 00170-7-31586  ケイオーオーケイ

再処理工場から海に流される放射能の行方─ハガキの放流

上映会、集会などで活用してください。

ビデオ「六ヶ所再処理工場2003」上映の呼びかけ 2004年2月
2004年4月、六ヶ所再処理工場のウラン試験を実施すると、日本原燃(株)は発表しています。
昨年、核燃料プールの不正溶接が291件も発見され、6月に予定されていたのが10月に、さらに今年1月そして4月へと延期されてきたのです。 工場稼働も1年延期し2006年にしましたが、これを実現するには2004年中にはどうしてもウラン試験が必要だということで、急ピッチで工場の点検と不正溶接箇所の補修作業を敢行してきました。
国の原子力保安院はその点検について検討会(「六ヶ所再処理施設総点検に関する検討会」)を設けておきながら、日本原燃が勝手に進める補修作業を許してきました。なぜこれほど多くの不正溶接が行われたのか、その原因究明も充分行われないままに。1月25日補修作業は全て終了し、国は28日にはその合格証を交付しました。

ひとたびパイプにウランを通せば巨大な工場全体が巨大な核のゴミになってしまいます。再処理工場のパイプの長さは1500km以上。溶接部分は国の点検対象だけでも40万カ所以上。この内の少なくとも1割以上、150kmを越えるパイプに劣化ウランの溶液が流されることになります。これが充分な品質管理のもとに作られたとは、今回の不正溶接の例を見れば誰も信じられないことです。検討会の席上でも、日本原燃の安全管理にたいする無責任体質と突貫工事のずさんさが暴露されてきました。

そもそも再処理工場は住民の生命・健康にたいして安全に動くものなのか?日本原燃が国に提出し許可をもらった申請書の安全評価は信用できるものなのか。六ヶ所村を初めとする行政責任者はそれを責任を持って見ているのか。
再処理工場はプルトニウムを作り出す為の工場です。事故を起こさなくても日常的にプルトニウムを初めとする放射能を大気と海に放出している。ひとたび事故を起こせばその被害は甚大です。
このままウラン試験をさせてはなりません。 このビデオ「六ヶ所再処理工場2003」はウラン試験を止めさせる動きに荷担するために、急遽公表しました。再処理工場の問題を考える手がかりとして、小さな集まりや集会で活用してください。今後、刻々と変わる情勢に対応し、ビデオも内容・表現を変化させなが らビデオ・ニュース的に発信していこうと思います。
 ─KO-OK企画

Posted by kano at 18:46 | TrackBack

2004年02月25日

IAEAサイトのリンク修正

まもなくIAEAのイラン報告書が公開されると思いますが、イラン核開発のコーナーで、IAEAサイトの模様替えによるリンクぎれを修正しました。追加議定書とは?のところに写真のような新しくなったページへのリンクなど加筆修正してあります。

iaeaサイト

Posted by kano at 21:51 | TrackBack

2004年02月24日

更新:寧辺(ヨンビョン)の核関連施設

明日からようやく半年ぶりに6か国協議が北京で開かれます。対話により、核問題解決へ何らかの進展があることを期待します。
寧辺(ヨンビョン)の核関連施設に写真のようなリンクをいくつか追加しました。5MWe原子炉の冷却塔比較

Posted by kano at 21:48 | TrackBack

2004年02月23日

携帯電話からアクセスできます

原水禁「最新情報」に携帯電話からアクセス可能になりました。リンク先の一般ページも、googleの機能を利用して見れるようになっています。
webの見える携帯を持っていないので、画像は「iモードHTMLシミュレータ」によるもの。太鉄さんによるperlスクリプト「MT4i」のおかげで実現できました、感謝。
携帯で見れます

Posted by kano at 19:40 | TrackBack

2004年02月17日

United for Peace and Justice の3.20よびかけ

United for Peace and Justice の3.20よびかけ(原文)の取り急ぎ拙訳─おかしな日本語は修正してお読み下さい

3月20日: それでも世界は、戦争にNoと言う
地球的アクションの日のために勢いをつくる

世界社会フォーラムは、3月20日の地球的アクションの日を支援。
150以上のグループが、アクションへの呼びかけを支持している

世界中が、戦争と占有に反対する地球的アクションの日、米国の爆撃とイラクへの侵入から1周年の3月20日にむけ勢いづいている。

3月20日にむけて
その日、すべての大陸で人々は街へ出て、平和へYES、先制攻撃の戦争と占領へNOと言うために、デモに参加するでしょう。ますます多くの軍関係の家族と兵士とともに、私たちは、イラク占領とブッシュの軍国主義の外交政策の終了を要求し、イラクとパレスチナの占領の関連を強調するでしょう。3月20日は、ニューヨークタイムズが私たちについて記した、「べつのスーパー・パワー」として昨年 2月15日以来(このとき待ち受けていた、ブッシュのイラクとの戦争に、地球上の1500万人以上が反対した)、世界の中心的位置を占めるでしょう。

3月20日の地球的アクションの日は、反戦争運動のグローバル議会(the Global Assembly of the Anti-War Movement)、世界社会フォーラム、そして FTAAに反対する第3半球フォーラムに支持されています。世界中の広大で多様な組織の集まりが、その日に人々を動員するために力を入れています。

アメリカでは、大規模な抗議行動がニューヨークであるでしょう。さらに国中の何ダースもの地域・地方でデモンストレーションがあります。

政治的には、米国での抗議行動は、ある人々が「家(国内)での戦争」と呼ぶ、ブッシュの外交政策の国内的影響に対して行われます。私たちは、政治的な逮捕、無期限の拘留、国内でのスパイ行為、および、宗教と人種で隔離することを認可している、「アメリカ愛国法」にたいする増大しつつある反対を示すでしょう。私たちはテロとの戦争の名前のもと、無罪の移民の多量拘留と追放に対して、終わりを要求するでしょう。私たちは、大規模な軍事費増強のなかでの国内の社会経済プログラムの重大な予算カットにNoと言うでしょう。

- 関連:
- WORLD PEACE NOW実行委員よびかけ
- 新しいポスターができました新しいポスター
- World Peace Now 3.20
3月20日、日比谷

Posted by kano at 18:50 | TrackBack

2004年02月14日

原発労災認定報告集会

原子力発電所で働いて、退職後に「多発性骨髄腫」になった長尾さんの労災認定報告討論全国集会が開かれました。「原発の最大のアキレス腱は、原発ヒバク労働の暗黒だ」と言うフォト・ジャーナリスト樋口健二さん(写真左)のお話ではじまった集会は、全国から100人あまりが参加。関西労働者安全センターの片岡さん、阪南中央病院の村田さん、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会の小山さん、福島県・双葉地方原発反対同盟の石丸さんなどから詳しい経過報告。長尾さんの登場したビデオも上映され、3時間を超える中身の濃い集会でした。
樋口健二さん原発労災認定集会

Posted by kano at 16:56 | TrackBack

2004年02月12日

「東京原発」ロードショー3月13日から

ようやく東京原発が公開されます(新宿武蔵野館
昨年映画祭などで公開されてから、役者もそろっているし(役所広司、段田安則、平田満、吉田日出子...)色々下馬評を聞いて待っていました。もちろん娯楽作品として観ますが問題提起の部分にも期待。
小説版「東京原発」(竹書房文庫)もでています。
東京原発─ロードショウ公開

Posted by kano at 19:53 | TrackBack

2004年02月04日

陸自本隊がイラクに派兵された夕方

陸上自衛隊本隊がイラクに派兵された夕方、とても冷え込んで冷たい雨もぱらついていましたが、防衛庁前の平和フォーラム主催キャンドル集会に参加しました。
陸自本隊がイラクに派兵された夕方─防衛庁前防衛庁前キャンドルを手に抗議陸自本隊がイラクに派兵された夕方─防衛庁前2防衛庁前で申入書を手渡す

毎日新聞:
- イラク派遣、キャンドルで反対集会
- 自衛隊イラク派遣 派遣中止を訴え、キャンドル集会

防衛庁長官の石破さんは、今日の国会答弁で劣化ウラン弾の影響に関して、自衛隊はガンマ線の線量計を持っているので大丈夫、劣化ウランは重金属なので摂取しない限り害はないと言ったそうです。議事録がサイトに載ったらリンクをはりましょう。

Posted by kano at 18:52 | TrackBack

2004年02月02日

ロバート・マクナマラを主役にしたドキュメンタリーThe Fog Of War

ロバート・マクナマラを主役にしたドキュメンタリーThe Fog Of Warがアカデミー賞にノミネートされたのを機に、マクナマラのインタビュー記事が読売に掲載されました
彼は、米・ソ核戦争の1歩手前まで行ったキューバ危機や、ベトナム戦争を政権の中枢で経験。また、1945年3月にはグアムにいて米軍の空爆の効果を調査する分析官でした。
「原爆投下決定を下したトルーマン大統領、マーシャル陸軍参謀総長、スティムソン陸軍長官の3人は、3月の激しい空爆で日本各都市が受けた大きな損害を詳細に知らなかったのではないか。」と言う彼は、「原爆投下が必要だったとは思わない。賢明な選択ではなかった」と明言しています。
「原爆投下がなければ核競争の時代の到来は避けられたし、北朝鮮の現在の問題も起きていない」
 作品の日本公開が待たれます。

Posted by kano at 18:52 | TrackBack