原発
2003.1.28

もんじゅ設置許可処分無効判決に関する声明

 1月27日、名古屋高裁金沢支部(川崎和夫裁判長)において、高速増殖炉もんじゅについて1983年の国の設置許可処分が無効であるとする判決が下されました。これは、福井地裁の不当な判決を覆し、原告が永年求めてきたもんじゅの安全上の問題点と国側の安全審査の重大な瑕疵を認め、安全審査の全面的なやり直しを求めた判決で、原発裁判史上初めて住民側が勝訴した歴史的判決です。
 私たち原水禁国民会議は、裁判所の賢明な判決を支持するとともに、国と核燃料サイクル機構に対し、今回の判決を重く受け止め、もんじゅの構造的欠陥と安全審査の過誤を認め、もんじゅ再開計画を中止し、廃炉にすることを求めます。さらに、もんじゅなど高速増殖炉を中核とする核燃料サイクル路線は、今回の判決やプルサーマル計画などの頓挫によりその路線の破綻は明らかであり、すみやかに撤退する事を強く求めます。
 今回の判決は、95年のナトリウム漏れ事故対策の安全審査に重大な誤りがあること、蒸気発生器電熱管破損事故などの安全審査の判断の過程にも、看過しがたい過誤、欠陥があり、原子炉内の放射性物質が漏れる危険性は否定できないこと、安全審査は全面的なやりなおしを必要としているなど、もんじゅの危険性と安全審査の過誤や欠陥が鋭く指摘されました。これにより、国や核燃料サイクル機構がこれまで主張してきたことが、全く説得性を持たないものとして改めて明らかになりました。
 高速増殖炉利用路線は、その技術的、経済的な理由で世界各地で撤退をしています。未熟で危険な高速増殖炉の技術に対して安全のお墨付きを与えた安全審査が、「誠に無責任で。ほとんど審査の放棄」、とまで言われるほど杜撰であることが指摘されたいま、国や核燃料サイクル機構は、この判決を認め高速増殖炉路線からの撤退をするべきです。あらためて、核燃料サイクル路線=プルトニウム利用路線からの撤退を強く求めるものです。

2003年1月28日

フォーラム平和・人権・環境
原水爆禁止日本国民会議


参考: