> NEWS
2002.11

日米両国でのスピーキング・ツアー

アメリカのピースアクションなどとの協力で、この秋、広島のヒバクシャの池田精子さんと9.11テロの遺族が一緒に米国東部をまわった証言ツアー、それに前後してピース・アクションの理事、レイニャ・マスリさんが日本各地で米国のイラク攻撃反対などを訴えるツアーが相次いで実現しました。

ブッシュのイラク攻撃にNO
マスリさんは、10月24日の3500人が集まった日比谷集会をはじめ、広島、大阪、奈良などで講演を行いました。

クリックで拡大

写真は24日集会後のデモ先頭、中央右側がマスリさん

各新聞記事切り抜き  リンク右側のは、大きなサイズのファイルへ

インタビューへ


「恒久平和への鍵は、人の痛みをわかるようになること」
ヒバクシャの池田精子さんは、米国東部の4州を、9.11テロの遺族で報復戦争に反対している「ピースフル・トゥモロウズ」のメンバーと7カ所で講演を行うなど、精力的な証言ツアーを行いました。

クリックで拡大

ハーバード大学での講演時のポスター

強行スケジュール

講演時のスナップ(10月30日)

記事翻訳、切り抜き