> 原発
2003.6.16〜

原発やめよう

2005年12月の東通原発1号(地図)に続き、2006年3月に運転開始した志賀原発2号機で日本の運転中原発の数は55基になりました。しかし志賀原発では、すぐに金沢地裁が「2号機の耐震設計に問題がある」と全国初の原発運転差し止め判決、さらにタービンの損傷が判明して同年7月から停止。2007年3月25日の能登半島地震発生時には、さいわいに2機とも停止していましたが、1号機では制御棒が引き抜け、臨界事故を起こして隠していたことが発覚、今年になって2号機の運転再開もトラブルですぐに停止など、問題続きです。

また、2007年7月16日の中越沖地震により、断層上の柏崎刈羽原発では「想定外」の事故が続くなど、地震列島の上に55基もの原発をかかえることの大問題には、いよいよ根本的解決策が必要になっています。


主要記事

  1. 六ヶ所ウラン濃縮工場が核拡散防止に役立つ?
  2. 中間貯蔵の基礎知識
  3. バックエンド・再処理コストの基礎知識

  4. リンクで学ぶ原子力発電(用語・行政・政策決定)の基礎知識

  5. 項目別リンク集
    1. 反原発団体
    2. マスコミ
    3. 関連行政機関
    4. 立地県
    5. 政府原子力政策・法令
    6. 原子力発電関連団体・企業
    7. 自治体と電力会社の安全協定

解説・資料