原発
2004.4

 危険!プルトニウムを貯めて何に使うの。

私たちは、六ヶ所再処理工場を動かさないよう訴えます。

六ヶ所地図 いま、青森県の太平洋岸に位置している六ヶ所村に、使用済み核燃料の「再処理工場」が建設されています。

 これは、原子力発電所で燃やされた後の核燃料を溶かし、燃え残りのウランとプルトニウムを、高レベル放射性廃棄物と分けて取り出す工場です。
 近くウランを使った試運転に入り、来年四月には実際の燃料を使う本格的な試運転が計画されています。

 いったん工場が運転され、放射能で汚染されてしまうと、後始末はとてもやっかいなものになります。
 そうなる前に止めたい、というのが私たちの願いです。

 再処理工場は、ウランとプルトニウムを回収して、ふたたび発電に利用するためのものといわれていますが、プルトニウムを使った発電は、ふつうの原子力発電よりさらに危険です。このため、反対の声が大きく、未だに実現していません。ウランについては、本格的な利用計画すらありません。
 この時代に、使いみちのないプルトニウムを貯めておけば、「日本は核武装をするつもりか」と世界のひとたちから疑いの目でみられ、対抗して核武装をする国をつくりだしかねません。

 使えないものをつくる必要はないのです。

え・いしかわけん 再処理工場が一日動くと、原子力発電所一年分の放射能が出るといわれています。ふだんから地域を汚染し、いったん大事故が発生すれば、地球規模の被害をもたらします。
 この再処理工場の総事業費は十一兆円にのぼると試算されています。
 いま建設を中止すれば、三分の一か四分の一くらいの無駄ですみます。
 それでもたいへんな額ですが、危険なことは一刻もはやくやめるというのが賢明というものです。事業をつづければ、さらに巨額な費用がかかり、働く人を被曝させ、地域を放射能で汚染し、大事故ばかりか核拡散の危険をつくり、将来に禍根を残します。

 この再処理工場の建設をただちに止めることこそ、日本の将来の平和を保証し、子どもたちを守ることなのです。

 2004年4月

宇井純、宇沢弘文、奥平康弘、鎌田慧、小室等、
澤地久枝、土本典昭、暉峻淑子、中川李枝子、
灰谷健次郎、広河隆一、広瀬隆、松谷みよ子、
道浦母都子、森詠、山崎朋子、山中恒、湯川れい子

 被害が起きる前に皆で反対しましょう!!

六ヶ所再処理工場の建設中止アピール事務局

原子力資料情報室 〒164-0003 東京都中野区東中野1-58-15寿ビル3F
TEL 03-5330-9520  FAX 03-5330-9530  http://cnic.jp/rokkasho/

原水爆禁止日本国民会議
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1F
TEL 03-5289-8224  FAX 03-5289-8223