核兵器
2004.3.21

米国の核兵器解体状況と核開発の歴史的データ

米国の核問題専門誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』誌の2004年1/2月号掲載の「NRDCニュークリア・ノートブック」(原文)がテキサス州パンテックスにおける米国の核兵器解体の現状と、それに関連した核開発の歴史的データを紹介しています。(「ノートブック」は、「天然資源防護協議会(NRDC)」が毎号、各核保有国の最新データを順番にまとめて紹介するコーナーです。)以下いくつかのデータを拾って要約しておきます。



パンテックス・プラント

 核兵器の組み立て・解体を行う工場。

  場所:

テキサス州アマリロから北東に17マイル(約27キロメートル) 

  歴史:

1951年
第2組み立て工場のサイトとして選ばれる。
 (第1は、アイオワ州バーミンガム)
1952年
操業開始
1975年
バーミンガム工場の閉鎖とともに唯一の組み立て工場に

米国の核兵器製造の歴史的データ
1945−1990年

 製造総数  7万発
 核弾頭の種類 70種
 兵器システムの数  120以上 

 年間製造数のピーク

1950年代
増加の一途
  1959年
7088
  1960年
7178 (労働日当たり28個)

 ストックのピーク

  1967年 3万2000発 
    30種 

 総メガトン数のピーク

  1960年 2万500メガトン=TNTにして約200億トン=広島の140万倍  

解体状況

 解体した核弾頭の総数

 6万発

 冷戦終了時ストック

  約2万1500発
  1990年代の解体・処分数   1万1000発以上
  現存ストック  1万400発

 解体予定

 残り数百発

 1個の解体に必要な時間

1−2週間

 解体の段階

 ピット

「ピットは、中空で球状のあるいは非球状の殻状プルトニウムからなり、ステンレス・スチールまたは、他の金属あるいは合金で被われている。これが他の構成要素と合わさって、核分裂爆弾(原爆)となる。水爆では、核分裂爆弾は、第1(プライマリー)段階として機能し、核融合(セカンダリー=第2)段階の引き金となる。ピットは、取り出された後、容器に入れられて、パンテックスのイグルーで貯蔵される。一部のピットは、研究・分析のため、ロスアラモスかリバモアの研究所に送られる。」
  *1979年にコロラド州ロッキーフラッツのピット製造工場が閉鎖されて以来、新しいピットの製造は行われていない。現在、ニューメキシコ州のロスアラモスでピット製造開始の試みがなされている。
─参考: ピットの解説図など(ドン・モニアックさんのレポート)、「ピット製造工場建設計画」、「米国エネルギー省05年度予算案と新型核計画」 

 貯蔵数

 1万2000個

 貯蔵場所

 パンテックス内のゾーン4にある60イグルー(貯蔵施設)

詰め方によって各イグルーに240個または400個貯蔵可能。
理論的には、60のイグルーに1万4400個または2万4000個貯蔵可能

パンテックス作業量 1990−99年

解体個数*
1990 1,151
1991 1,595
1992** 1,856
1993 1,556
1994 1,369
1995 1,393
1996 1,064
1997 498
1998 1,062
1999 207
合計 11,751

2000年以後の数字は公表されていない。