核兵器北朝鮮
2006.10.10

2006年10月9日 韓国・参与連帯声明(仮訳)

北朝鮮の核実験に強く抗議する

2006年10月9日 参与連帯・平和軍縮センター

한글英文(10月10日)

10月9日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が核実験を強行したと報道された。私たちは、朝鮮半島の人々の生命と安全を脅かす北朝鮮の行動を強く糾弾する。

朝鮮中央通信(KCNA)は、「核実験は地下で安全に行なわれた」と発表した。そこでは、北朝鮮が「力強い自衛的国防力」を持つようになり 「核実験が朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を防護するのに貢献する」と主張している。

しかし核実験は朝鮮半島の人々を致命的な核の脅威にさらし、この行為は完全に北東アジアの平和および安定に反し、1992年の朝鮮半島の非核化に関する共同宣言および「6月15日の南北共同宣言」の精神を深刻に毀損する。さらに、核実験はこの地域で政治的軍事的に対立の局面を作り出す。

これは自ら長らく望んできた自衛力あるいは抑止力の確保とは反対の結果をもたらすだろう。私たちはこのような北朝鮮の姿勢が他の近隣の国々に軍備増強をさせるかもしれず、結局北朝鮮を含む朝鮮半島全体の安定性を脅かすことを警告する。

私たちは、核武装を実現し、朝鮮半島の人々の安全を人質にすることを交渉カードとして利用するための北朝鮮の軍事的冒険主義に堅く反対し糾弾する。核実験は容認できない。北朝鮮は直ちにその核兵器を廃棄しなければならない。

一方、北朝鮮の核実験のために、もはや北朝鮮の核兵器の所有を無視することができない新たな状況に入った。この意味において、ブッシュ政権による北朝鮮に対する、悪意ある無視、排斥、無回答が、北朝鮮の核実験を招いたという事実と向き合う必要がある。もし米国がこのような態度をとり続けるならば、北朝鮮により高いレベルの緊張をもたらすだろうことを過去の事例は示している。もし米国がこのような間違いを繰り返すならば、朝鮮半島は予期できない危機の局面を迎えることとなるだろう。

深まる朝鮮半島の危機と紛争は、6ヶ国協議と国際社会による外交の失敗によるものだが、その結果は朝鮮半島の人々へ直接的な影響を及ぼす。したがって、いかに朝鮮半島の危機を解決するか、冷静で徹底的な点検が必要だ。私たちは、北朝鮮の核実験によってもたらされたこの危機に平和的に対処し、実質的な問題解決の提案に向けて、合理的な対話に従事する必要がある。朝鮮半島2ヶ国と米国を含む6ヶ国は、この危機を共に解決するべき責任を負い、北朝鮮が核兵器を放棄するため共同して努力し、東北アジアにおける永久的な平和を達成するべきだ。