ニュース
2003.12.12

英文 | ヒバクシャ訪米スミソニアンへ | 広島市長 | 広島平和記念資料館長

要 望 書

スミソニアン航空宇宙博物館
館長 Jhon R. DAILEY 様

 私たち原水爆禁止日本国民会議は、核兵器の禁止とヒバクシャ援護を目的として1965年に発足いたしました。今回、広島と全国の原水禁組織を代表してヒバクシャ・坪井直さんと被爆二世・角田拓さんが貴航空宇宙博物館を訪問するに際し、航空宇宙博物館新館でのエノラ・ゲイの復元展示に当たって、広島の被害の実相を客観的に展示して頂きたいと要望する次第であります。
 1945年の広島への原子爆弾投下は、新しい核時代の幕開けでありましたが、同時に、世界に原子爆弾使用による被害の大きさを知らせ、核兵器を二度と使ってはならないとの強い警告を全人類に与えました。原爆投下後、1945年だけで約14万人の人々が亡くなりましたが、そのほとんどは一般市民でした。
広島市の平和公園におかれている原爆犠牲者の慰霊碑には「過ちはくりかえしません、安らかに眠ってください」と刻まれています。まさに人類としてこのような過ちはくりかえしませんという、死者たちへの誓いの言葉であります。
 今回、貴航空宇宙博物館新館においてエノラ・ゲイ号が復元展示されるに当たり、この言葉の持つ重みをよく考えてくださるようお願いいたします。
 広島への最初の原爆が投下されてより58年が経過しましたが、世界にはいまだに核戦争の危険が存在し、さらに新たな核兵器保有国の出現も大きな脅威となっています。私たちは広島、長崎の悲劇を二度と繰り返さないためにも、また安易に核兵器保有・使用をもくろむ国に対する警告としても、エノラ・ゲイ号の展示には、広島の被害の状況が正しく展示されることかぜひとも必要と考えます。
人類は科学の発展のなかでさまざま発明、進歩を成し遂げてきました。しかしすべてが人類の幸せにつながっているとはいえません。私たちは科学の発展の歴史からも教訓を学ばなければならないと考えます。航空宇宙博物館新館のエノラ・ゲイ号展示が真に人類の未来の発展に役立つ展示になることを強く希望するものであります。

2003年12月11日
原水爆禁止日本国民会議 議長 岩松繁俊


December 11, 2003

Mr. John R. Dailey
Director
Smithsonian Air and Space Museum

Dear Mr. Dailey:

Our organization, the Japan Congress Against A- and H-Bombs (Gensuikin), was founded in 1965 with the prohibition of nuclear weapons and relief for the victims of the atomic bombings as its aim. Taking advantage of the opportunity afforded by the visit to your museum by Mr. Sunao Tsuboi, a survivor of the bombing of Hiroshima, and Mr. Taku Kakuda, a second-generation survivor, who are representatives of the Hiroshima branch and the national organization of Gensuikin, we hereby request that the suffering caused in Hiroshima be objectively shown as part of the exhibit of the reassembled Enola Gay at the new Steven F. Udvar-Hazy Center of your museum.

While the atomic bombing of Hiroshima in 1945 signified the advent of the nuclear age, it also served -- by showing the world the enormous damage caused by the use of an atomic bomb -- as a powerful warning that nuclear weapons should never be used again. The death toll reached 140,000 in 1945 alone, and most of the victims were civilians.

The cenotaph in the Peace Park of Hiroshima is engraved with the following pledge: "The error will not be repeated. Please rest in peace." This is a pledge made to those who died in the bombing that we, the living, will not repeat this error.

We sincerely ask you to consider the significance of these words as you prepare the exhibit of the reassembled Enola Gay at your new center.

It has been 58 years since the first use of an atomic bomb in history. Yet there still remains a danger of nuclear war with the looming threat of new emerging nuclear powers. It is of utmost urgency that the actual damage caused in Hiroshima be shown accurately in the Enola Gay exhibit so we do not repeat the tragedies of Hiroshima and Nagasaki, and to serve as a warning to countries contemplating the acquisition and use of nuclear weapons.

Humanity has achieved tremendous progress in the course of the development of science and technology. But not all of our inventions have led to happiness for humanity. It is imperative that we learn the proper lessons from the history of science and technology. We fervently hope that the exhibit of the Enola Gay will serve the future of humanity in this regard.

Sincerely yours,

Shigetoshi Iwamatsu

Chair
Japan Congress Against A- and H-bombs (Gensuikin)