上の階層へ前号  2002年11月7日第4号 次号


原子力安全規制問題
国会プロジェクト

 FAX通信 

連絡先:
原子力資料情報室
164-0003 東京都中野区東中野1-58-15 寿ビル3F
TEL:03-5330-9520 FAX:03-5330-9530

原水禁原水爆禁止日本国民会議
101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館5F
TEL:03-5289-8224 FAX:03-5289-8223
─────── 維持基準導入は時期尚早、原子力規制行政の完全独立を ───────

私たちは、
『欠陥原発』動かし2法案に
反対します

− 原子力安全基準を切り下げる法案−
「電気事業法及び核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案」
「独立行政法人原子力安全基盤機構法案」

 東京電力をはじめ、各電力会社による損傷隠しやデータ改ざんなどの不正をきっかけに、国民の原発不信は頂点に高まっています。
こうしたなか、経済産業省原子力安全・保安院は、「電気事業法及び核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案」と「独立行政法人原子力安全基盤機構法案」を提出しました。衆議院経済産業委員会では11月15日から審議を開始し、11月20日にも採決させようと目論んでいます。
いまだに問題となっている原発の検査は進まず、ひび割れなどの損傷の原因も究明されていません。補修が可能かの判断もできない時期の法案提出はいかにも拙速です。私たちは右の点から、この2法案に反対します。
1.電気事業法と炉規制法改正案
東京電力南前社長は、不正の原因を「基準が厳しすぎたから」という主旨の発言をしました。
提出された改正法案では基準の内容には一切触れていません。経産省・保安院は国民の目に触れにくい政省令の改定によって基準の切り下げを行おうとしています。
情報公開に逆行する法案には反対です。
2.原子力安全基盤機構法案
青森県知事はじめ、立地自治体からは原子力規制行の経済産業省からの完全分離を求めています。しかしこの法案では、主務大臣を経済産業大臣としています。
私たちも推進と規制機関を完全に分離すべきとの考えから、この法案に反対します。

欠陥原発動かし2法案に反対する
市民と国会議員の11/14緊急全国集会

日時:11月14日(木)午後4時半〜5時半
場所: 衆議院第一議員会館第3会議室
主催: 原子力安全規制問題国会プロジェクト

【HP】http://www.greenpeace.or.jp/kokkaiproject/

原水禁pdfバージョン